主なカテゴリ

JCCについて

プロジェクト活動

NPO法人日本キャリア・カウンセリング研究会(JCC)は、単なる情報提供・研修提供団体ではありません。会員の皆さんが運営する皆さんのための会です。「全員参加」の思想のもとに、下記のプロジェクトを発足し、2002年2月より会員であるプロジェクト・リーダーを中心に活動を始めました。入会されましたら、プロジェクト参加についてもぜひ前向きにご検討ください。

2014年12月現在

プロジェクト名 内容
研修・勉強会 会員および一般向けに、キャリア開発、キャリア・カウンセリングに関連する領域における理解の促進と、キャリア・カウンセラーの資質向上を支援するため、各種研修会・勉強会の企画立案、実施運営を行ないます。
CDWディビジョン CDWは「キャリア開発ワークショップ」の略称で、キャリアとは何か、キャリア開発をどう進めるかを考える「場」です。JCCの理念を具現化する有力な方法の一つと捉え、普及活動をしています。企業、自治体、学校などで実施する際には、ファシリテーターを派遣し企画段階からの支援にも対応しています。
キャリア・カウンセリング JCC会員のキャリア・カウンセリングの能力向上に役立てるため、個人およびグループに対する“スーパービジョン”を実施し、関連する学習会を企画します。
キャリア・ガイダンス 内的キャリアの考察を基盤にして外的キャリアに寄与する具体的、現実的なキャリア・ガイダンスを模索します。
アセスメント研究 キャリア・カウンセリング、キャリア開発支援にあたって、アセスメントの勉強、活用は欠かせないもので、このテーマに関心を持つ人がお互いに勉強する機会を持ちたいと思います。2か月に1回会合を予定。
学校期のキャリア教育 内的キャリアに裏づけられたキャリア教育の研究・実践を、教師とともに模索・展開し、子どもの成長(キャリア発達)の支援と、地域社会に広がるキャリア・ インフラの整備・充実・質的革新を研究し実践します。
女性のキャリア開発支援 女性のワーキングライフ上のキャリア開発に関し、JCCの基本理念に基づく支援及び男女共同参画社会の実現に向けての意識改革をファシリテートすることを目指します。
組織への キャリア開発支援 “組織”と“組織の中で働く個人”のキャリア開発を、「内的キャリアの明確化」という視点から実践的に支援することで、個人と組織の新たな共生関係の構築に貢献します。
1)“組織”と“組織の中で働く個人” のキャリア開発を支援するための制度やプログラムに関する調査研究・普及展開
2)「内的キャリアと積極的傾聴講座」の講座実施と講師養成
WORK語り合い 学生や若年社会人のキャリア開発支援を目的としたグループワーク「WORK語り合い」(http://work-katariai.com) を開催しています。また、内的キャリア自覚を深めるツール「働く上での価値観を探るカード『はたかち』®」を開発しました。カードを利用できる「はたかちフレンズ」の養成講座を実施しています。さらに活用するためのオプションカードも開発しています。
地域ユニット JCCが地域に活動を展開するため、地域会員がユニットを結成し活動するための企画・運営を支援し、地域における会員の増員を目的とします。
活発 JCCの活動を、会報をはじめパンフレットや小冊子、 書籍などを活字で発信するプロジェクト(活字で発信を略して活発)。 研究会内外への情報発信のセンターです。
変化への
対話的アプローチ
新しい気づきをもたらす生成的な対話(会話およびダイアログ)とは何かについて、最先端の理論とその実践法を学びます。更にはその成果を、ワークショップやセミナーの形で、広く会員および一般の方々へ発信します。
ILPコミュニティー サニー・S・ハンセン博士が提唱する「統合的ライフ・プランニング(ILP)」を学び、JCC内外へ向けてILPの普及実践活動を推進します。
関西 一つのことに特化したプロジェクトではなく【働く人、これから働こうとする人のための内的キャリアを育む】ことを目的に、広く様々な視点から必要な活動を行って行きます。そのために会員参加型の共に育つことのできる人間集団として、共に問題意識を共有し、考え、必要とすることを企画開発して行きます。若者のJCC会員を増やすことを当面の目標として、関連する方々の為の勉強会や企画立案をしていきます
東北 JCCの考え方に基づいたキャリアの概念を東北に広める活動を、特定の対象を問わず行っていきたいと考えています。内的キャリアを軸とした個人主導型の成長促進(キャリア開発)と、組織の発展がつながることを理解していただく機会を増やし、個人、組織、地域などと連携した人材育成につなげるための取り組みとして、関連する方々との情報交換の場、学びの場の場等を定期的に開催していこうと考えています

各プロジェクトへは基本的にいつでも参加可能です!!
プロジェクト申込書(エクセル形式)を右クリックしてダウンロードし、参加申込みしてください。


ページのトップへ